FUJISAKI-SOBE SHOP INFO

日本酒と、埼玉の「衣・食・住」を伝える空間。

秩父・長瀞には、日々の暮らしの中で生まれたたくさんの手仕事が残っています。 木工、陶芸、ガラス工芸、染色、織物など、どれも目をみはるほどに美しいものばかりです。 また、ここ、秩父長瀞地方では若手作家も増えつつあり、しっかりと文化が継承されています。 藤﨑摠兵衛商店ではこれらの作家とコラボレーションして、地元の手仕事を伝えています。 また、地元の食材やスイーツとコラボレーションしたオリジナルの商品を取り揃えて、日本酒文化と武蔵国・埼玉の文化をつなぎ、広げ続けて行きます。

HANDS CREATIVE

斎藤染物店

斎藤染物店 斎藤染物店 斎藤染物店

藍染紺屋として創業明治6年。以来120年あまり、現在5代目になっています。秩父地方は神社仏閣が多く、お祭りの数々が多数伝承されています。それらに欠かせない半纏や幕、のぼり旗など印染の品物を染め上げたり、受け継がれる衣装の復刻などを行って参りました。
現在では店舗のれんや宣伝旗、店舗装飾など商売繁盛のお手伝いもさせて頂いております。
印染(しるしぞめ)とは染めたい部分と染めたくない部分に印をつけて、染めたい部分だけを染める技法で、江戸時代からそのままの形で引き継がれてきました。今では出来るところが大変少ないです。その技法が今後も伝承されていけるように努力しています。
また使っているハケですが、昔ながらの素材を使って作ったものが一番です。しかしすでに全国で2社のみしか作っていないため、入手が困難になりつつあります。
この秩父地域に生まれ育てていただいた技術により磨きをかけ、感謝と誇りを胸にこれからも精進して参ります。
藍の型染めで巾着を作りました。これは他にはないこだわりの逸品です。
藍の商品は洗うと若干の色落ちをしますが、長い年月の間に良い風合いの色に変化します。その変化も楽しめる商品です。
なかなか他にはない、藍と刺し子という組み合わせの商品もあります。これは当店以外では手に入らないものですので、是非お手にとってご覧ください。

斎藤染物店
〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町44-22
TEL:0494-22-3781 FAX:0494-22-6823
http://www.saito-somemono.com/

長瀞焼宝登窯 陶芸体験工房 一隅舎

長瀞焼宝登窯 陶芸体験工房 一隅舎 長瀞焼宝登窯 陶芸体験工房 一隅舎 長瀞焼宝登窯 陶芸体験工房 一隅舎

昭和58年築窯。 人と人との出会いの中で『土』との相性を見い出し、わずか17歳で陶芸に目覚めてから、27歳で長瀞に棲居を定め、火を祀る宝登山神社参道沿いの丘に窯を築きました。陶芸体験工房「一隅舎」では、陶芸家としてだけでなく講師として多くの方に陶芸を体験していただけるように陶芸体験をご用意しております。
ろくろに向かい「手の中の宇宙」と考え作り出される作品は、仕上がった器そのものが「宇宙」であると考えます。土のぬくもりを失うことなく、心和む日常の器として、一品一品を作り出しております。 ここに並んだ作品は、お酒の酒器を主に、長瀞の川の色である青や緑を使って仕上げています。特に女性の方には、お酒だけではなく、お料理やインテリアなど幅広い用途で使っていただきたいと考えました。

陶芸体験工房 一隅舎
〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞726
TEL:0494-66-0077 FAX:0494-26-5775
営業時間:9:00~18:00 火曜定休(祝日は営業)
※最終受付 17:00
https://www.ichigusha.com

長瀞ガラス工房 聡

長瀞ガラス工房 聡 長瀞ガラス工房 聡 長瀞ガラス工房 聡

長瀞にはなかったガラス工房。
物作りに携わる両親を持つ家庭環境も手伝い、無いならば自分で始めようとしたのがきっかけでした。ガラス作りを始めて30年以上、人とは違う経験もいたしました。
この工房「聡」を始めてから13年になります。工房を立ち上げる際に必要なガラス溶解炉、溶解炉の廃熱を利用した徐冷炉を含め、ほとんどのものが自作品かリサイクル品です。この手作りのガラス溶解炉にこそこだわりがあるといえます。
ガラス溶解炉は一度火を落としてしまうと、再び火入れをし、最良の状態までに時間も手間もかかります。ガラス作りはまずはよい状態で溶けているガラスが無くてはなりません。
それ維持するために1,000度以下には温度を落とさないように日々制作をしています。
こちらに並んでいる作品は、ガラスの透明感を生かし、飲み物の色を邪魔しないよう、自然豊かな長瀞の山や川をイメージして淡いグリーンやブルー、水の泡をイメージしたものに仕上げました。

長瀞ガラス工房 聡
〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町井戸305-1
10:00~17:00 (不定休)
ご予約・お問合せ
TEL&FAX:0494-66-0998
http://www.gls-sou.com

FOOD CULTURE

的場園製茶工場 的場園

的場園製茶工場 的場園

1945年昭和20年創業。三大銘茶の一つに数えられる狭山茶を四代に渡り製造し続け、自社で原料生産・荒茶製造・仕上げ加工・商品開発・販売を行う一環経営だからこそ出来る、丁寧で真心を込めた商品作りを常に心がけています。
日本の伝統文化の象徴とも言える「茶」。その無限の可能性を今までの常識や観念に囚われることなく探求し、茶の持つ様々な魅力を通じて皆様の人生を豊かにしていくことが当社の使命です。
「見て美しい茶園に良い茶葉が育つ」を心掛け、安心・安全を旨とし徹底した管理をしています。原料以上のお茶は作れません。原料を最も大切に扱っています。
「良い道具無しに、良いお茶は作れない」の考えから、常に最先端の製茶機械を導入しています。特に三代目的場茂の開発した「的芽機」を使用した通常の深蒸しを超えた特蒸しのお茶を製造しています。

的場園製茶工場 的場園
〒358-0046 埼玉県入間市南峯68
04-2936-0615

マルツ食品株式会社

マルツ食品株式会社

1.埼玉県の北部深谷市は「深谷ネギ」を元とする様々な元気な野菜が育む地域として名高く、そこに工場を構えるマルツ食品は1984年創業。埼玉の新鮮な野菜の持ち味を十分に生かした、安心・安全な漬物づくりをモットーとさせて頂いております。
2.「生産者の方々に大切に育てていただいた野菜だから、素材の味を大切にしたい。」
現在、添加物を一切使用していないお漬物や天然素材から抽出した色素などを使用したお漬物など約150種類の商品を取りそろえさせていただいております。また、「漬かる」という原理を基本に、保存食品としての漬物、乳酸発酵をさせた漬物を日々研究させて頂いております。
3.私どものピクルスは一般的にワインビネガーを使用致しますが、ワインビネガーは酸角が強く、男性は比較的酸味に弱い方が多いのでまろやかなリンゴ酢を使用し、男性でも食べやすく仕上げてあります。
その他、割り干し大根、しゃくし菜、きゅうりの粕漬など当社こだわりの商品を揃えました。是非ご賞味ください。

マルツ食品株式会社
〒369-0211 埼玉県深谷市岡部1974-5
TEL:048-585-3380 FAX:048-585-4893
http://www.marutsu-f.co.jp